【有能】ハマの屋台骨、光山英和バッテリーコーチ【ぐう聖】

2017年10月19日、セリーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦がマツダスタジアムにて行われました。

圧倒的なチーム力でペナントリーグを制した王者・広島カープに挑むのはCSファーストステージにて猛烈な雨に見舞われ劣悪なグラウンドコンディションの中、阪神タイガースに勝利したリーグ3位・横浜Denaベイスターズです。

・・・ちょっと話はそれますが言わせてください。

↑コレから試合が出来るまで1日で復旧させちゃうんだもんwいやー阪神園芸さんはホントに素晴らしかったなぁ。お見事です。

キラリと光る勝負勘

前日18日のCSファイナル第1戦は試合途中より降り出した大雨の為、5回裏終了後に36分の試合中断も残念ながらセ・パ両リーグを通じて初の降雨コールドゲーム。「広島 3-0 横浜」でカープの勝利となりました。

これで広島カープがアドバンテージ含む2勝。ベイスターズとしては19日のゲームを落とすといよいよ後が無くなるという大事な大事な一戦の結果は「広島 2-6 横浜」でベイスターズの勝利!CSファイナルステージの通算は「カープ2勝 vs ベイ1勝」となり、にわかファンとしてもホッと一安心です。

試合のターニングポイントだったと感じたのはベイスターズが2点先制しながらも「広島 1-2 横浜」と広島カープの追い上げムード漂う中で迎えた5回表の2死満塁、ラミレス監督はバッター高城を代えて代打・乙坂を起用。見事初球を弾き返し2点の追加点を奪います。思い切った采配だったなーと。

試合後の談話にて

指揮官は「チャンスになりかけたところで(バッテリーコーチの)光山さんが代打を提案してくれた。(乙坂は)体は分からないがメンタルは準備万端だった。今回は光山さんがささやいてくれた」とベンチワークで流れを引き戻した。

と、ラミちゃんはベンチワークの良さを話しておられました。余談ですが↑の記事があがってから一時期Yahooのリアルタイムトレンドに「光山」がランクインされていたりで「光山コーチ有能!」というワードがSNSや掲示板に溢れかえっていましたw

CSでの光山コーチの活躍といえば昨年2016年のCSファーストステージ、「巨人 vs 横浜」戦にて光山コーチの発案により代走の鈴木尚広選手を牽制死させたのが記憶に新しいところだと思いますが、

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 21:16:59.28 ID:Az25BKN1d1010ベイスターズ情報@サンスポ@sanspo_baystars九回裏、無死一塁で田中が代走・鈴木を一塁けん制でさしたビッグプレーが流れを変えました。田中はプロ初のけん制死を奪ったそうで「まさか僕が...

1年後の今回のCSも鋭い勝負勘が冴えていました。もちろんその案を採用したラミレス監督の手腕も素晴らしいですし、何より採用するだけでなくきちんとその事をファンに伝えてくれるところもラミレス監督ならでは、ですかね。

そして試合後、光山コーチのコメント。

と手塩にかけた教え子のCSデビューを喜んでおられました。光山さんがコーチ入り前の捕逸が11、コーチ入り後は初年度10、今年7と捕手の守備力が年々改善されていたりでその育成手腕には目を見張るものがあります。

そんな捕手陣も光山コーチに対して

ベイスターズのチーム全体練習は、18時プレーボールであれば、たいてい14時ごろから始まる。だが正午にはすでに、横浜スタジアムで汗を流す幾人かの選手がいる。主にキャッチャーの面々だ。

以前、高城がこんな話をしてくれた。「光山さんはどんな存在か」という質問に対する答えだ。

「むちゃくちゃでかいです……むちゃくちゃでかいですね」


嶺井にも同じ質問をぶつけた。昨シーズンは一度も先発マスクをかぶれず、今年、再び頭角を現してきた嶺井の答えはこうだ。

「新しい野球観を教えていただいてます。ちょうど自分も変わらなくちゃいけないと思っている時期に光山さんが来て、すんなり取り入れられる部分があった。ほんとに、いい指導者に巡り会えたなって思いますね」


ルーキーイヤーの昨シーズンを主戦捕手として乗り切った戸柱もまた、「ミスした時こそ平常心でいろ」という光山の一言を拠りどころとしていた。

と全幅の信頼を寄せているのがうかがえます。

有能・ぐう聖エピソードの宝庫

また捕手陣だけでなく、ベテランの田中浩康選手も

(夏の「暑さ対策」は?という質問に対して)

「温かいスープを飲むことです。2月の宜野湾キャンプで、光山(英和)バッテリーコーチに教えていただきました。僕の発想にはなかったので、新鮮でしたね。

光山コーチはいろんなことに知識が豊富で、すごいと思います。今年からベイスターズに移籍して、野球以外でも学ぶことが多いですね」

とアドバイスを受けていたそうです。遡ること約1年前の2016年の秋季キャンプにてナイン一同からMVPコーチとして光山コーチが選ばれたりで、もはやナインやチームにとって非常に大きな存在である事は間違いないと思います。

横浜DeNAベイスターズ オフィシャルホームページ

MVPコーチの発表は戸柱選手から。
「選手一同で決めました。キャンプ初日から全力で頑張られていた光山コーチです!」

確かこの時は捕手陣の誰かが「夜遅い時間に電話してもコーチが宿舎から駆けつけてくれる」みたいな感謝の気持ちを述べてた気がするんですが・・・ちょっと調べても見つかりませんでした。うーん、勘違いだったらすみません。

そんな光山さん、ベイスターズコーチ入り前は西武のバッテリーコーチや少年野球チームの監督を務められておりました。なお西武の捕手陣とは、

 (セ・パ交流戦、西武2-5DeNA、1回戦、DeNA1勝、31日、西武PD)DeNA・光山バッテリーコーチが、ベンチ前でニヤニヤしながら西武の練習を見つめていた。視線の先では炭谷、上本、岡田の3捕手が、スローイングの練習を行っていた。2011~13年に西武のバッテリーコーチだった光山コーチは、かつての教え子たちが投げ...

光山バッテリーコーチが、ベンチ前でニヤニヤしながら西武の練習を見つめていた。視線の先では炭谷、上本、岡田の3捕手が、スローイングの練習を行っていた。2011~13年に西武のバッテリーコーチだった光山コーチは、かつての教え子たちが投げるたびに両手を広げて「セーフ」のジェスチャー。それに上本が力強い「アウト!」のポーズでやり返した。無言の熱いバトルだった。

今でも関係は良好なご様子ですw

そしてベイファンは忘れもしないハマの番長、三浦大輔ラスト登板試合。敵地ながら高卒新人の初打席初本塁打という鮮烈なデビューを飾った選手がいました。東京ヤクルトスワローズの廣岡大志選手です。

プロ野球選手として華々しいスタートを切った廣岡選手を育てた1人がこの時1塁ベンチにいました。そう、少年野球監督時代の光山さんです。

 9月29日。横浜の街は番長一色に染まっていた。DeNA・三浦大輔投手が25年間にも及ぶプロ野球生活に区切りを付けたこの日、プロ野球人生のスタートを切った選手がいた。

お祭り騒ぎの三塁側ベンチ。しかし一塁側ベンチにも一人、敵であることを一瞬忘れ、その弾道に目頭を熱くさせている男がいた。DeNAの光山英和バッテリーコーチだ。小学校3年の時、松原ボーイズで野球を始めた広岡が初めて出会った「監督」であり、「野球とは」を一からを学んだ人物でもある。

とにかく光山さんは廣岡選手を気にしていたようであり、プロ入り前はご本人のブログで

今選抜大会に出場する教え子です。
奈良智弁学園の広岡大志。
小学校4年生からずば抜けた感覚をもっていました。
ホームラン見たいな。。。

と名指しで期待を込めていたり、三浦大輔ラスト登板試合の前には

9月29日、横浜スタジアム――。2回表、ヤクルトの一死1、3塁のチャンスに、打席には19歳のルーキー・廣岡大志が立っていた。マウンドは、この日が引退登板となるDeNAの三浦大輔。このピンチに「番長、頑張れ!」の大声援が球場を包み込む。 結果は、廣岡のプロ初打席初本塁打となるレフトへの3ラン。そしてこ…

「大志、思ったより早かったな。よかった、よかった」

光山コーチはそう言って、廣岡を正面から抱きかかえ、満面の笑みを見せた。

「昨日、神宮で三木(肇)コーチに『大志を一軍に上げてくれ』と頼もうとしていたんだよ。結局、話す機会はなかったんだけど。でも、早く(一軍に)上がれたなぁ。本当に嬉しいよ」


廣岡のティー打撃が始まると、再び光山コーチが一軍ベンチから駆け寄ってきた。元教え子がバットを振るのを感慨深そうに眺めている。ティーが終われば真中監督のもとへ廣岡を連れて行き、「大志をよろしく頼みます」と頭を深く下げた。コーチ陣にも頭を下げ、その前にはベイスターズのラミレス監督にも頭を下げていた。

と並々ならぬ想いがあったことは伺えます。そんな廣岡選手も入団時に

光山コーチの現役時代の背番号44を希望したほど慕っていたそうです。なお廣岡選手は中2という多感な時期に父親を亡くしており、

光山氏は監督としてだけではなく、時には父親のように寄り添った。厳しいこともたくさん言ったという。「グレないようにって、それだけは思っていた」

光山さんとしても監督と選手、師匠と弟子という関係以上の気持ちがあったのかもしれません。年を取って涙腺が弱くなったせいかこういう話はほんと泣けちゃう・・・。頑張れ廣岡選手!!

これからも末永く宜しくお願いします

2017年シーズン途中、ラミレス監督はレギュラー捕手として戸柱の名前を上げました。

まとめサイト『De速』は横浜DeNAベイスターズの最新情報と速報性の高いプロ野球情報を中心にまとめています。 情報元は主に2chなんでも実況Jがメインですが独自の記事を掲載することもあります。

その後光山コーチがインタビューで

ベイスターズのチーム全体練習は、18時プレーボールであれば、たいてい14時ごろから始まる。だが正午にはすでに、横浜スタジアムで汗を流す幾人かの選手がいる。主にキャッチャーの面々だ。

「ぼくは、誰が柱とか、誰がレギュラーとか、いまも思ってなくて。全員、高城も西森(将司)も含めて競争させてあげたい。だから、ラミレス監督にも言ってるんですけど、“今日勝てるキャッチャー”を選んでほしいっていうのはあります。最終的に勝った人がレギュラーというだけの話なんでね。無理やりレギュラーをつくりたい、とはぼくは思ってないです」

と話したことがきっかけだと思うんですが、ネット上では「造反か?」とか「ラミレス監督との不仲説」とかちらほらとネガティブな話題を目にすることもありました。では一旦ここで西武コーチ時代のインタビューを見てみましょう。

埼玉西武ライオンズの試合を中心に印象に残った場面を切り取って書いていけたらなと思っています。

(・今日は光山コーチのお勧めの選手を紹介していただきたいのですが)

「お勧めの選手を一人挙げるのは非常につらいんですよね1軍に3人いますから、3人とも頑張ってほしいというのがあるんで」

うん。昔から今でも考え方が全くぶれてないわw光山さんはホントにお父さんだなー。

誰かを贔屓や特別視せずにチーム内で平等に競争させた結果が今のベイスターズの捕手3人体制でしょうし「折角育ったんだから臨機応変に使ってみてよ監督~」という単にバッテリーコーチとしての親心の話ですよねコレ。何で造反が~不仲が~みたいな話になってしまったのか良くわかりませんね。

いよいよCSも大詰めです。CSが終われば日本シリーズ、そしてその後はコーチ陣の腕の見せ所でもある秋季キャンプが始まります。ベイスターズの今年の秋季キャンプは2017年11月3日から始まるとの事。

今回のCSで仮にベイスターズが下克上を果たしたとして、そうなれば願わくば日本シリーズも勝利を収めて欲しい気持ちはあるのですが個人的には「リーグ優勝 > 下克上」派なのでw正直なところシーズンの優勝こそが待ち遠しい思いだったりします。でもその為にはきっとまだまだ足りない部分があるのでしょう。CSで勝っても負けてもまた来年に向けてチーム一丸で優勝に向けて是非頑張っていただきたいなと思います。

光山コーチには捕手陣の父として、末永くご指導をお願い致したい所です。ハンパじゃない酒豪という噂もありますのでにわかではありますがベイスターズのいちファンとして、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする