【天誅5?】Steam版「Aragami」購入レポ

最近忍んでますか?

敵に忍び寄りつつ一撃必殺!の忍者ステルスゲームの代表格と言えば天誅シリーズだと思うのですがこの天誅シリーズが大好きでめちゃくちゃハマってました。最近続編も出ていないようですし、若者の忍者離れと言われても仕方ないくらい「なんだか忍び成分が不足してるなー」と感じていた所に、思わず一目惚れしてしまい即ポチったゲームがあります。

2016年10月4日にsteamにて配信された和風ステルスアクションゲーム『Aragami』。steamだけでなくPS4にも配信されているっぽい?ちょっと未確認なので適宜お調べ下さいw

aragami1

Aragami is a third person stealth game that casts you as an undead assassin with the power to control the shadows. Teleport to any shadow, become invisible, mat...

すっごく遊びやすい!

あなたはアラガミ、復讐心に燃え影をあやつる力を持った霊。 あなたは、キュウリュウの砦にとらわれている少女ヤミコによって召喚されました。 血と謎に満ちた暗黒の道を進み、アラガミの真実を突き止めて下さい。 占領されているキュウリュウに超人的な力で侵入し、影の力で光と戦って下さい。 時間や記憶を超越した運命によって結び付けられた2つの魂についての秘密を明らかにしましょう。

ヤミコによって召喚されたプレイヤー「アラガミ」。この時点では自分の事も含めて一切記憶もなく、まず初めに何故召喚されたのかをヤミコから説明を受けます。

aragami2

aragami3

しかも捕らわれちゃったし、何とか助けてアラガミ!って感じですね。

aragami4

この「カイホウ軍」、光の一族らしくライトセーバーのような何かをぶん回して襲ってきます。ふふん、疾風迅雷の忍の前に近接武器なぞ無用の長物よ!と思いきや振り下ろすだけで遠距離攻撃も出来るというまさかの便利グッズ。汚い。これは汚い。

なお捕らわれのヤミコちゃんから「夜が明ける前にお仕事お願いね☆」と可愛い顔でお願いされるので仕方ないなーこのせっかちさんめっ!☆っとなる事うけあいですが、よくよく話を聞いてみれば

aragami5

あ、そうですか。朝になると消滅しちゃうんですか・・・。はい、頑張ります・・・。

絵柄も雰囲気も和ゲーっぽくて、かつ言語もしっかりとローカライズされてますので思った以上にとっつきやすいのはとっても嬉しい限り。何よりヤミコちゃんが可愛い重要

そうそうこれこれ!この感覚!!

基本的なルールとしては敵の目を盗みつつ通り抜けたり、敵に忍び寄り暗殺しながらゴール地点を目指す事になります。

aragami6

背後から忍び寄りワンボタンで一撃必殺!この緊張感と爽快感のせめぎ合いは天誅シリーズを彷彿とさせます。マジたーのしー!

なお敵にもプレイヤーにもいわゆる「HP」はありませんので一撃で殺るか殺られるか、緊張感を増幅させるシステムとなっております。敵に発覚されている状態でも隙を付けば一撃必殺ですが、プレイした感じだと敵に発覚、対峙した時に「まず攻撃をかわして一撃くれてやる!」と思っても上記の通りライトセーバーから弾速が速めの光波を飛ばしてくるので敵の攻撃を避けるのは非常に難しいです。

そもそもしっかり隠密行動に徹するか、後述のスキル等を上手く使わないと危機的な状況に陥った時の打開は難しそうですね。

光あるところに影あり。

アラガミはジャンプが出来ません。が、影の使い手アラガミはシャドーリープという影のあるポイントへワープ出来るスキルを持っています。このシャドーリープで平地でも高台でも影があるポイントならワープして移動する事が出来ます。

また移動したいポイントに影がない場合は基本的にリープ移動出来ませんが、影を作り出すというスキルもありますので併用すればあらゆる場所に素早く移動が可能です。

このシャドーリープや影を作り出すスキルはシャドーエッセンスというドラクエで言えば「MP」みたいなものを消費するのですが、このシャドーエッセンスのチャージ方法も独特です。

aragami7

背中にある紋様、これがシャドーエッセンスの残量です。影の中にいる事で回復していきます。

aragami8

こんな感じ。背中の紋様がハッキリ出現してチャージ完了!なおこのまま影から離れてもゲージは減りませんが街灯の近くなど極端に明るい場所に出てしまうと

aragami9

ゲージがもりもり減ってしまいます。極力影に潜みつつ行動していきましょう。

まぁ日光浴びたら消滅しちゃうような人(霊)ですからwこういうところの徹底した「光と影の対図」というゲームデザインはシナリオにも沿ってて凄いなぁと思いました。「光=敵、危険」って図式が自然と頭に入ってきますしね。

「死体消しスキル」習得がオススメ!

影を作り出すスキル以外にも攻略の手助けとなる有用なスキルが多数あります。習得するには道中に落ちている(隠されている?)巻物を拾うことでスキルを開放することが出来ます。

aragami10

その中でオススメなのが死体消しスキル。「天誅紅」ですと倒した敵の死体を運搬して敵の目の届かないところに持って行くことが出来たのですが、この作品では敵を倒した後の死体は動かしたり出来ず、その場に野ざらしになりますので

aragami11

敵が死体発見でマイナス、さらに間髪いれずに

aragami12

即警報でマイナス500点と、とっても痛い状況に。

明るい場所で倒してしまうと敵の視界の広さや、序盤から敵人口密度高めの状況もあり結構あっさり死体に気が付いて寄ってきてしまいます。序盤でこのマイナスポイントを防ぐには

  1. 敵を倒したら近場に潜み、死体をおとりにして様子を見つつ寄ってきた所を暗殺する。
  2. スキルで死体を消す。

という方法しかなさそうです。例えば死体を放置して先に進めると死体から離れた場所で発覚されそうなる→とりあえず距離をとる→逃げた先に死体があり、追って来た敵が死体に反応して角笛プォー(-500点)みたいに結構バタバタしがちなので、巻物を2つ集めたら早々死体消しスキルを習得してしまった方がじっくり進められるのでオススメです。

天誅が好きな方は間違いなく買い!

私はまだやってないので詳細は書けず申し訳ないのですがオンライン協力モードがあったり、章仕立てのストーリーも1章1章が結構ボリュームがあるのでしっかり遊べます。値段も2000円くらいとお安めなのでもし気になる方がいらっしゃったら是非遊んでみてください。まだ3章くらいしか進めてないんですが、この時点ですでにめっちゃ楽しんでます!

なお最後にゲームを終了する時の確認メッセージが

aragami13

そんな風に聞かれたらおじさん困っちゃう・・・どうしよ、んじゃもうちょっと続けようかな!ってなりましたw

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする