72時間ホンネテレビと、涙と、炭の粒

2017年11月2日から5日にかけて日本中を沸きに沸かせた番組がありました。インターネットTVの「AbemaTV」にて元SMAPのメンバーである香取さん、稲垣さん、草彅さんの3人による無謀とも思える長時間番組『72時間ホンネテレビ』

終わってみれば総視聴数7400万回超という凄まじい数字を叩き出しました。この「総視聴数」とは視聴回数であって視聴者数ではない、なんて事は過去にも今回にも色々言われている事ではありますが、そんな議論なんて「細けぇ事はいいんだよ!」と無粋に思えてしまうくらい圧倒的な魅力を放ち続けたコンテンツであった事は間違いないでしょう。いやー凄かった。面白かった。鶴瓶師匠は神。

期間限定ではありますがAbemaTVで振り返りビデオも用意されておりますので見逃した方はご覧になってみては如何でしょうか。

草彅さんから「いいね!」を貰えた人続々!

SNSを解禁したド初心者の3人が様々な教えや手法でバズらせまくるというコンセプト。過去にもTVで「dボタンを押してね!」みたいな視聴者参加型の放送はありましたが、ここまで演者さんと視聴者が肉薄した番組ってあまり無かったんじゃないでしょうか?

香取さん

草彅さん

稲垣さん

ホンネテレビ以降はツイートもあまりされていない様ですが長時間の疲れもあるでしょうし、落ち着いたころにまた様々な事を発信して欲しいところですよね。番組が終わったらSNSも終わり、なんて勿体ないですから。今後もスーパースターのツイートを心待ちにしましょう。

や森N1

兎にも角にも1番の盛り上がりを見せたのが森くん登場でしょう。やっぱり森くんがNo.1!!(トレンド的な意味でも)

SMAPファンという訳でも無かった私でも嫁と一緒に思わず興奮してしまいました。うおおおお足なげえええええええ!!かっけえええええ!!!

解散前に焼肉屋で会合はしていたとの事なので厳密に言えば21年ぶりの再会では無いのでしょうけども、TVカメラにメンバーと一緒に収まる画なんてまさしく21年ぶりでしょうからこのワンショットにはメンバーもファンも色々思うところがあったのは間違いないと感じました。

なおオートレースはネットでも投票出来ますので胸を打たれたファンの方も、生粋のギャンブラーの方も是非投票しましょう。今後投票する時がくれば私は森くんが出走するレースでも私情を挟まずに全力で当てに行きたいと思います。お小遣い倍プッシュや!()

オートレースは競馬・競輪・ボートレースと並ぶ日本の公営ギャンブルです。日本に5か所(川口・伊勢崎・浜松・山陽・飯塚)にあり、バイクでオーバルコースを走るマシンスポーツとしても知られています。 - AutoRace is a municipally managed competitive sports along wit...

心を揺さぶられた涙

企画の中ではグダったものもありましたし、終わり良ければ全て良し!という訳でも無いのでしょうけどもそれでも最後の稲垣さんの涙には心を揺さぶられた方が多かったのではないでしょうか。

嫁が軽度のSMAPオタなので昔のSMAP映像をYoutubeで発掘してきては「お前も見ろや」と一緒に見るのですが、森くん脱退の時も、不祥事から復帰した時も、言葉に詰まることはあってもポロポロと涙を見せたりはしないイメージの稲垣さん。そんな稲垣さんの号泣にはグッとくるものがありました。

また稲垣号泣 → 香取MC → 稲垣再アップの時にカメラが戻った事に気付いたのか俯いて少しだけ頭を左右に振り「ダメ、ダメ」と自分に言い聞かせるように呟いているのが印象的でした。ファンを喜ばせる事がお仕事のエンターテイナーが見せた人間味と、その後の早々と気持ちを切り替えてクールな表情に戻る凄まじいまでのプロ根性の2つを見せてもらえた気がします。もうバラエティではなくドキュメンタリーでしたね。本当に3人とも素晴らしかったです。

そして心に残ったのは

そんなこんな激動の4日でしたが散々感動し終わった後に

「SPU~♪(ポイポイ!!)」

「シャリシャリ、シャリシャリ(炭粒で)」

というひたすら繰り返されたCMのワードが私の中にしっかりと刷り込まれてしまっていた事に驚愕いたしましたシャリシャリ。

何と言ってもこれだけ日本中を席巻したという実績も出来ましたし運営側としても今後のスポンサー獲得に手応えを感じたのではないでしょうか。「亀田興毅に勝ったら1000万円!」なんてパワーワード感溢れる思い切った番組を放送したりで今後も地上波とは一線を画した番組が増えてくれる事を願ってやみません。AbemaTV恐るべし!ですね。

はぁ、マジもぅ無理・・・スミガキ買ってこょ・・・。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする