【距離が規定に足りず】フルマラソン完走したのに記録不認定

rikujou_man_marathon

16日、山形県内で行われた第30回長井マラソン大会にて路上にあったスタート位置を誤り完走した533人のうち、日本陸上競技連盟に登録している97人はフルマラソンの公認記録にならない、という何ともしょっぱい出来事がありました。一体どうしてこうなった・・・。

原因はコレ。

スタートの位置を設定する際、本来の目印ではなく、近くにあったほかの大会の金属びょうの位置に合わせてしまったという。選手が位置に並んだ際、事務局が誤りに気づいたものの「この程度の距離は許容範囲」と判断してスタートした。しかし大会後に山形陸上競技協会から「公認記録と認められない」との指摘を受けたという。

上記記事さんをご覧頂くと今回の大会のびょう間違えてしまったびょうの2枚の写真が載っているのですが、間違えてしまうほど似てて区別が付きにくいモンなのかと思いきや、素人目線でもちゃんと区別付きますねコレwどーなっとんねーん!

ちなみに

その規定に足りなかった距離が48メートルでした。規定では

  1. コースの長さは競技距離より短くてはならず、かつ誤差は競技距離の1000分の1以下(マラソンでは 42m 以下)
  2. 上記の条件を満たすべく、距離の測定にあたっては1001mをもって 1000m=1km とする
  3. スタート地点からゴール地点までの標高の減少は競技距離の1000分の1以下(マラソンでは 42m 以下) 注:全体が下り坂基調のコースを禁止するため。
  4. スタート地点とゴール地点との距離は、直線で競技距離の2分の1以下 注:一本道の直線に近いコースでは気象条件によっては常に追い風になる可能性があるため。

えっ、最初の項目の時点でもうダメじゃん。誤差云々の話じゃないじゃんw

なお掲示板などでは

選手が位置に並んだ際、事務局が誤りに気づいたものの

と、それならそれで選手が並んだ時点で気付いたならゴールテープを48mずらせば良かったんじゃないか、というごもっともな意見もあったりで、頑張って走りきった選手の心情を考えると何だかますます切ない気持ちになるニュースでしたw

(イラスト・『いらすとや』)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする