SMAPの代表曲といえば、

2016年12月31日をもって解散することが正式に発表されたSMAP

rsadbru0-lnuusiooi4zvitmi8cfzg34-_ylcx3idmgrmc3qdmarpzhgdmarvawqdqu5koudjvc1lqxhcsm43egxaykvat3zvqjfqww1mdi15uu1smgluxznov1nnmnrhmgznltjtchoymdruqnhwswrwa2mymwhjqs0tbhbvcwmznqrzzwmdc2h3bhnsawnyaq
(画像出典:http://www.tadamonkugaiitakute.com/wp-content/uploads/2016/01/smap.jpg)

あまりジャニーズに詳しくない私でも当然のように知っている、押しも押されもせぬ国民的大スターSMAP

そんなSMAPの衝撃的な解散のニュースから時間も経ちましたが、未だにその衝撃は忘れ去られること無く、その後の一挙手一投足が常に話題の中心になっている様な状態であると思います。

世界?夜空?イナズマ?

とまぁ解散に至るまでのゴニョゴニョは色んな意見があると思いますので、そんな解散騒動の云々はとりあえず置いておき、

正直ジャニーズタレントの知識が浅い私がこんな話題を出すのも非常に気が引けるのですが、パッと思いつくSMAPの代表曲と言えば世界に一つだけの花や『夜空ノムコウ』などではないかなーと思います。だって何となくでも大体の誰もが口ずさめちゃいますもんね。まさにTHE名曲。

が、とっても個人的な感想ですがSMAPをミュージシャンとして押し上げた代表曲として『$10』を推したいなぁと思います。

で、何で『$10』?

何故なら今現在めっちゃヘビロテだからです!私が!!()

しかも原曲の林田健司さんバージョン。恥ずかしながら最近初めて聴いたんですがやばい・・・なんだこりゃ!ハンパじゃなくかっこいい・・・!!

少ししゃがれた声かつファンキー、かと思えば甘く惹きつける声。いやぁ素晴らしいですねぇ。ホントかっこいい!

なお『$10』につきましては中居さんも音楽番組でこの様に語っております。

中居:そんなこと言わないで下さいよ。でも、もうね、知ってる方も、もちろんいらっしゃると思いますけども、SMAPのね、いわゆるヒット曲を作ってくれてる人が、ここにいる林田さんなわけなんですよね。

林田:そうですね。

中居:そうですね、いちばん最初の提供は「$10」?

林田:「$10」ですね。

中居:ね。だから、僕なんかが「あ、いい感じになってきたなぁ」って思ったのは「$10」からですもん。

SMAPと『$10』は運命的な出会いだったんですね。

稀代のヒットメーカー、林田健司。

$10』に始まり『君色思い』、『KANSHAして』、『青いイナズマ』とSMAPのヒット作を連発した林田健司さん。(なお「君色思い」以外は林田さんオリジナルのカバー曲です。)

またSMAP以外にもブラックビスケッツの『STAMINA』なども提供されています。

なお自身のリリースよりSMAPのカバーの方にスポットライトが当たってしまっている事も語られています。

中居:だって、最初はでもSMAPに作ったわけじゃなく、林田さん個人で自分で作って自分で歌われてた曲ですよね。

林田:そうです。

中居:それをあの、僕らが歌っちゃうっていう。まあ、「青いイナズマ」もそうですけども、そういう気持ちってどんな気持ちなのかな? って。

林田:いや、似合ってる曲を歌ってもらうのは、ぜんぜん問題ないと思いますね。

中居:でもほら、ね、獲られちゃうわけじゃないですか。

林田:まあでも、形のないものじゃないですか、音楽はね。だから、「獲られる」っていうのはあんまないんですよ、頭には。

中居:そんなもんですかね?

林田:うん。

ー中略ー

林田:うん。でも、これはSMAPのおかげもありますね。皆さんのおかげが。

中居:いや、それは。

林田:そうでもあると思いますよ。

中居:それは関係ないと思いますけどもね。

林田:あの、アンケートに「どこで知った?」とかいうのがあるじゃないですか。あるんですよ、そういうコーナーが。すると、「SMAPのナントカっていう曲だった」とかっていうのが、やっぱり書いてあったりもしますからね。

中居:へぇー。あ、そうですか。

林田:ええ。

中居:へぇー。それはでも、逆に嬉しいですね、僕らも。いや、でもね、林田の曲はやっぱ、僕なんか聴いても「$10」も聞いても、「青いイナズマ」もそうですけども、やっぱり僕は林田さんが歌ってる「$10」がやっぱり好きだったりしますよ。「あぁ、カッけぇ」。もう、この前も慎吾君と話してたんですけども、「カッけぇなぁ」「いや、カッけぇよ」「もう、理由ないけど、カッけぇもんはカッけぇよな!」っていう話をね。うん、もちろんSMAPが歌えばSMAP色の「$10」になりね、SMAP色の「KANSHAして」、SMAP色の「青いイナズマ」になりますけども、やっぱり「$10」って、林田の曲ってやっぱり「ああ、やっぱりカッコいいなぁ」「やっぱり違うよなぁ」そういう気持ちはありますね。歌はあの、曲は何であれ、歌う人で変わりますからね。

と、林田さんの声もSMAPの声もどちらにもそれぞれの良さがあると思いますし、それに私のような浅い人間にはSMAPがいなかったらきっと林田さんの存在を知らなかったと思いますのでwお互いに相乗効果のある関係であったのではないかと思います。

これからも歌い続けて欲しい!

SMAP解散に伴い、スガシカオさんが作詞提供した『夜空ノムコウ』の封印宣言が賛否両論を呼んだ事は記憶に新しいところですが、

シンガー・ソングライターのスガシカオ(50)が20日、都内で開催された音楽イベント「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016」に出演し、作詞提供したSMAPの「夜空ノムコウ」を歌うとともに“封印宣言”した。

同じくSMAPに『世界に一つだけの花』を提供した槇原敬之さんや、『セロリ』を提供した山崎まさよしさんは封印無しの方向だったりでアーティストによって対応がまちまちの様です。

ただ、軽く調べただけですが林田さんの意向は全然出てないっぽいんですよねー。封印か封印無しか、どちらの方向で行くんでしょうか?

林田さんには是非歌い続けて欲しいなーと思います。個人的に。

各方面で本当に色々な影響がある今回の解散騒動ですが1つのグループが解散するだけでここまで大きな出来事になるのは、やはりSMAPの存在が圧倒的すぎた事を証明しているように思います。

来年からホントにどうなるんだろう?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする