フジテレビVR参入「大きな赤字になるかもしれないが……」

いよいよVRの時代が始まるか?

フジテレビとグリーがVRで共同事業を立ち上げた。印象としてはまだ地味だが可能性は感じる。

デジモノ好きとして最近の気になる話題と言えばVR。VRとは『Virtual Reality』の略で仮想現実という意味です。

VRゴーグルは何社か製品をだしているのですが最近ではPlayStation4と接続するPlayStation VRの登場がニュースになってましたね。

予約開始、即完売だったそうで注目の高さがうかがえます。ちなみにお値段はPlayStation VR単体で44,980円+税。PS4本体も必要になりますので総額だと中々のお値段・・・。

どこまで浸透するんでしょう?

このVR、流行るかどうかは結局コンテンツ次第ですよね。

何となく使いどころがゲームするか映画みるかだけかなーと思ってましたがニュース記事にあるようにVRスポーツ番組が配信されるとなれば臨場感たっぷりの野球中継とか面白そうですね。

ただ記事を読んでても報道番組をVRでやる必要性があるのかは、ちょっとよく分かりませんでしたが。

映像コンテンツ普及の鍵?

そして健全な男性ならきっと気になるであろうアダルトコンテンツ(ワァーオ)

VHSもDVDも普及した陰の立役者はアダルトコンテンツだったと言われています。インターネットの普及もなんやかんや言ってアダルトの力は大きかったでしょうね。最初は草の根ネットでしたし。今ではすっかりおっぱいぱい。

そんなアダルトコンテンツを集めてきっと真面目(?)に企画されたイベントが2016年6月12日、秋葉原でありました。

その名も「アダルトVRフェスタ01」

その時のレポは電ファミニコゲーマーさんの

2016年6月12日、アダルトVRを集めた日本で初めてのイベント、“アダルトVRフェスタ01”が東京・秋葉原のイベントスペースにて催された。想定をはるかに超える来場者が集まり、多くの参加予定者たちは入場中止となる騒ぎとなった。一般入場前にイベントを取材したリポートと、所感をお届けする。

こちらの記事が見事にまとめられておりますのでご紹介いたします。

中々に複雑な気持ちになる写真が多数ありますのでえっちなのはいけないと思う方は見ないでおきましょう。

ただ、主催者の会見とか今後の展望とか色々考えさせられる読み応えのある記事だと思いますのでやらしい視点抜きでも是非見てもらいたいです。

エロ方面では期待薄?

VRの普及にはこのPSVRの力が大きいと思うんですが、公式にアダルトゲーム等の販売をソニーが許可するとは到底思えませんしそういうアダルト方面での楽しみ方はPlayStation VRにはあまり期待出来ないかな?

あ、もちろんこれはアダルトコンテンツだけ、の話ですのであしからず。というか、えっちじゃない人には全く困らない問題ですね。これ。

私はえっちな人なのでゴニョゴニョですが。

何にせよ新しいハードが登場するといつもワクワクしてしまいます。
今後どういう展開になるのか目が離せませんね。

第三者から見た時の異様な感じはもう諦めるしか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする